水疱瘡(大人)-潜伏期間・写真・予防接種・写真
水疱瘡(大人)-潜伏期間・写真・予防接種・写真

水疱瘡とは?

水疱瘡とは?

 

水疱瘡はどんな病気だかご存知でしょうか?自分が小さい頃に水疱瘡にかかった人もいると思うので覚えている人も多いのでないでしょうか。水疱瘡と言われてまず思いつくのがかゆくて湿疹が体中にできると言うことですよね。そうなんです、水疱瘡は体中に湿疹が出来てきて薬を塗って治療します。


水疱瘡は学校で指定されている伝染病の一つなので、完全に水疱瘡が乾いてかさぶたにならないと学校を休まないといけません。熱が出る人もいますが何の症状もなくただ体中に湿疹が出るだけの人もいます。


だいたい水疱瘡は子供がかかる病気ですが、中には子供の頃に水疱瘡を経験していなかったために大人になってから水疱瘡に感染する大人もいますね。水疱瘡は予防接種があります。7千円くらいの自費で摂取するのですが、すこし高いので受ける人と受けない人は色々です。予防接種しておくと比較的軽い水疱瘡の症状ですむそうですね。我が家の子供達も予防接種していたおかげで体に3個くらいしか湿疹が出来ませんでした。


水疱瘡の予防接種

水疱瘡の予防接種

 

水疱瘡の予防接種があるって知ってますか?予防接種といえば三種混合やBCGなど、乳児の時に受けることが多いですが、水疱瘡の予防接種もあるんです。でもこれは自費でお金がかかります。先日水疱瘡の予防接種を受けに行っていましたが7千円ちょっとかかったように思います。


水疱瘡の予防接種は任意の摂取になるので、必ずみんなが受けるわけではないようですね。しかも、水疱瘡はあまり死に至る病気ではないと思われているので、予防接種を受けない人も多いようです。でも予防接種をしておけば、水疱瘡の湿疹が早く治ったり、湿疹が少なくすんだりします。


他にも水疱瘡は重症になると脳炎になったりもしますから、それらの症状を少しでも軽くしておくためにも、水疱瘡の予防接種を受けておいたほうがいいかもしれませんね。水疱瘡の予防接種を我が家の子供達は受けていたのですが、水疱瘡になったとき、本当に軽くすみました。上の子においては、気がつかないうちに終わってたくらいです。というのも体に2個くらいしか湿疹が出来なかったので、かさぶたになってから気がついたんです。予防接種を受けておくと軽くすむのは本当ですね。


水疱瘡の潜伏期間

水疱瘡の潜伏期間

 

水疱瘡の潜伏期間について紹介します。水疱瘡の潜伏期間は2週間と言われています。水疱瘡の潜伏期間というのは、水疱瘡に感染してから、水疱瘡の症状が出るまでの期間のことをいいます。水疱瘡の潜伏期間中を経て水疱瘡の症状は出始めます。


水疱瘡の潜伏期間の数え方ってなかなかわかりづらいと思いますが、水疱瘡の潜伏期間の初日は、水疱瘡にかかっている人と会ったり接触した時が初日になります。ちなみに、潜伏期間中でも人にうつす可能性があるかどうかですが、水疱瘡の症状である湿疹ができる1日前からひとに、感染させる可能性があるそうです。


ですから昨日一緒遊んでいた子が今日水疱瘡になったと言うことは昨日はすでに水疱瘡の潜伏期間だったということになりますし、湿疹が出る一日前なので、もしかするとうつっているかもしれないと言うことですね。そう言ってる自体もうすでに潜伏期間に入っています。接触した日が潜伏期間の初日になるのですから。


大人の水疱瘡

大人の水疱瘡

 

大人の水疱瘡について紹介します。大人の水疱瘡ってまれにしか聞きませんが、大人の水疱瘡はきついと聞いたことがありませんか?そうなんです、大人が水疱瘡になると本当に大変のようです。大人の水疱瘡、何が大変なのかと言うと、顔や体に水疱瘡の湿疹が出るのですが、子供に比べてひどいそうです。


私の友達も、大人になってから水疱瘡になったのですが、症状もひどく、1週間以上会社を休んでいました。顔の湿疹がひどくて人に会えないということもありますが、熱もでて、本当に大変だったと言っていました。


大人の水疱瘡は他にも、湿疹が消えにくいことが大変だと聞いたことがあります。大人になってから水疱瘡になった友達は、おなかの周りにたくさんの水疱瘡のあとが残ってしまっていました。これはもう消えないそうですね。大人になってからの水疱瘡は大変なので、子供のうちにかかっていなくて、予防接種もしていない人は予防接種をしておいたほうがいいかもしれませんね。


水疱瘡の症状

水疱瘡の症状

 

水疱瘡の症状について説明したいと思います。水疱瘡の症状は目で見て一番よくわかるのは、やはり湿疹ですよね。地肌や、口の中にも、この湿疹ができるみたいです。湿疹は初めのうちは蚊に刺されたみたいな感じの、小さい湿疹のようです。水疱瘡の症状だと気がつくのはだいたい背中やおなかに湿疹が出来はじめて気がつくみたいです。


水疱瘡の症状は他にも、熱が出る場合があります。予防接種をしている人は、水疱瘡の症状が軽いと言われていて熱は出ない人が多いみたいです。そして湿疹の数も少なくて、気がつかないうちに終わっていることがあるみたいです。水疱瘡の湿疹は、はじめは蚊に刺されたみたいな赤い湿疹ですが、だんだん水を持った水疱になって、時間が経つと乾いてかさぶたになります。


だいたい初めの湿疹が出来始めてから、半日くらい経つと、体中に湿疹ができはじめるといわれています。それから3日くらいは湿疹と発熱が出るようです。人によっても症状は違うと思いますし、予防接種の有無によっても症状の出方は違うようです。